雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

with(ウィズ)2019年11月号《特別付録》ビーミングbyビームスマルチベロアポーチ【購入開封レビュー】

ビーミングbyビームスマルチベロアポーチはどんな付録?

9月28日(土)発売のwith11月号特別付録は、B:MING by BEAMSのマルチベロアポーチ♡

– with online – 講談社公式 – |

★サイズ
大きいポーチ タテ19cm×ヨコ27cm
小さいポーチ タテ10cm×ヨコ14cm

– with online – 講談社公式 – |

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

大ポーチ

【サイズ】

A5サイズがヨコ向きに入ります。

【容量】

フェイスタオルが2枚収納できました。

小ポーチ

【サイズ】

交通カードがヨコ向きに入りました。

【容量】

ポケットティッシュが1個収納可能です。

<実測サイズ>

大ポーチ・・・縦19cm×横26.5cm

小ポーチ・・縦10cm×横13.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>

本体:ポリエステル/不織布

ファスナー:亜鉛合金

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

滑らかですべすべとした手触りのベロア素材。たとえるなら、毛足の短いじゅうたんのような生地です。

裏面は不織布で、ザラザラとした触り心地。

ポーチはやわらかそうな見た目に反して、ハリがあります。気になる臭いなどはありませんでした。

付録の品質はどう?

ポーチのミシン目幅は表側3mm、パイピングは4mm。表側の縫い目は生地の毛に隠れてみえませんでした。

一定の縫い目で乱れはみられないものの、手持ちの既製品よりも少し粗いです。

大ポーチは形が歪んでおり左右非対称でした。

破れやホツレなど他に気になる点は見当たりません。全体的に付録らしい品質です。

付録を使ってみた感想は?

大ポーチ、小ポーチともに手指が届く深さ。物の出し入れにちょうど良いサイズでした。

引き手は2cmと短く、少々つかみにくかったです。ファスナーの滑りは軽やかで、スムーズに開閉が可能でした。

公式サイトに、大ポーチはクラッチバッグとしても使えると紹介されていましたが、表面がベロア地でするっと滑るため、うっかり落としてしまいそうです。

長財布がスムーズに出し入れできるものの、クラッチバッグとして使うには小さめに感じました。

ポーチはしなやかな生地なのでコンパクトに折り畳めます。軽量で持ち運びにも便利です。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

いい意味で特筆すべき点がないシンプルなポーチ。付録のポーチは柄や形が凝ったものが多いため、シンプルなデザインがかえって新鮮に感じました!

ふかふかしているベロア素材なので、大ポーチはなるべく傷をつけたくないモバイルバッテリーの収納に、小ポーチは持ち運び用のアクセサリー入れとして使いたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

with 2019年11月号

発売日:2019年9月28日(土)
講談社