雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

BEAMS OUTDOOR BOOK LEDハンディライト【購入開封レビュー】

LEDハンディライトはどんな付録?

カーキ色のボディに鮮やかなオレンジのボタンで、BEAMSらしい大人なデザインのハンディライトが登場

宝島CHANNELより

SIZE:長さ13cm
明るさ:200ルーメン(最大)
光のモード5段階[強・中・弱・SOS]
ズーム機能搭載

※単4形乾電池3本使用(別売り)

宝島CHANNELより

【準備】
単4乾電池3本が必要です。
取り付け方は、ライト本体の取り付け部を回して開き、中から出てくる設置部に乾電池を入れ戻します。
プラスとマイナスの表示が少し見にくいので、間違えないようにご注意ください。
(私は一度間違えて、あれ?つかない?!となりました。)

【使用方法】
本体のライトと反対部にオレンジ色のスイッチがあるので押すと点灯します。
消す際は、もう一度押します。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> 本体:アルミ合金 レンズ:アクリル ボタン:シリコン
<使用電池>単4電池3本(別売り)

サイズはどれくらい?

ポケットティッシュより少し大きいです。

<実測サイズ>
長さ13cm 最大直径3cmの筒状
電池を入れた重さ 124g

付録を使ってみた感想は?

強・中・弱・点滅・SOSの5段階の光に加えて、ズーム機能があるこのライト。

まずは、どんな光があるか切り替えてみました。

カチッとなるまで電源となるオレンジ色のボタンを押して点灯させます。
そのあと、ボタンを奥まで押さずに軽く押すと、明るさが切り替わりました。この押しの強さがちょっと難しく、慣れるまで私は強く押しすぎて何回か電源切ることに。ほんとに軽く押すだけで、光の強さは切り替わります。

光自体は、強・中・弱はそのまま光が強くなったり弱くなったりし、点滅やSOSは目がチカチカするほど、しっかり点滅します。

またズーム機能があるのも、明るさの切り替えとともに、このライトの特徴。
ライトのレンズ部分とBEAMSのロゴがある境目を、伸びたり縮んだりさせることでズームができます。

ズームは2000倍まで調節可能。

 

一番縮めている状態の明かりはこのように大きな丸になっています。

一番伸ばした状態にズームすると、中心がとても明るくなりました。

伸び縮みさせるだけなので、ズーム方法はとても簡単です。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ハンディライトにしては少しお値段が高いかな・・という気もしますが、光の強さやズーム、SOS点滅など機能が充実していて、おうちに1本あったら重宝するので「あり!」。
この大きさでよく見かけるライトは本体が黒やシルバー色ですが、ブロンズような色にオレンジ色のボタンはオシャレ感があり、アウトドアの際に自慢できちゃうかも?!です。
またアウトドアはもちろん、電池式で災害時にも使えるので、いつでもすぐに出せる場所に置いておきたいと思います!

購入した付録つき雑誌/ムック

BEAMS OUTDOOR BOOK

発売日:2019年9月27日
価格:本体1,790円+税
宝島社