雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

たのしい幼稚園 2019年11月号《特別付録》きらきらホログラムぬりえあそびセット【購入開封レビュー】

きらきらホログラムぬりえあそびセットはどんな付録?

今月号の付録は、プリキュアやリカちゃんをかわいくデコできる「きらきら ホログラム ぬりえあそび セット」です。

ドレスやリボンなど、デコしたい部分に、好きな色のホログラムシートをのせて、ローラーでコロコロしてからはがすと、絵がきらきらに! はさみも糊もクレヨンも不要、手も汚れず、すぐに簡単に遊べます。

講談社こども倶楽部より

・遊び方


原産国は?素材は?

<製造国> MADE IN CHINA

<素材表記>
ローラー:ABS樹脂
ホログラムシート:PET+アルミメッキ加工
シール:紙、ポリウレタン

サイズはどれくらい?

カード・・・B5タテ大

シール・・・B6ヨコ大

ホログラムシート・・・10cm角の正方形

ローラー・・・長さ約5cm

付録を使ってみた感想は?

ホログラムを貼るカードとシールは、各2シートずつあります。カードは本誌に綴じ込み付録で、通常のシールより厚みと硬さがあるせいか、本誌から切り取るのに少し苦労しました。

シールの台紙は厚さ約2mmのポリウレタンシートで、ふわっと柔らかです。

ホログラムシートはセロハンのような薄いシートで、裏面がアルミ箔のような質感。色は7色(金・銀・赤・青・緑・濃ピンク・薄ピンク)で、金のみホログラムの柄が2種類の、合計8種類でした。

質感やカラーリングは、子どもの頃好きだった、アルミ折り紙と似ています。

さっそくシールからホログラムを貼ろうと台紙を見ると、何と抜き線が本来のカット位置(黒線)と大幅にずれている!(ショック!)

始める前からちょっと残念な状況ですが、今回はこのまま進めます。

まず、ホログラムを貼りたい場所の紙をはがします。指ではがすこともできるとはいえ、つまようじなど先の尖ったものではがすほうがスムーズです。

紙をはがしたところ。露出した部分はシールと同じような粘着のりがついていて、ベタッとしています。

その上に、貼りたい色のホログラムシートをのせ、ローラーでコロコロ圧着〜

ゆっくりシートをはがすと、のりのついた部分のみホログラムシートが貼れました。確かに塗り絵(ローラでペンキを塗っているような・・・)感覚です。ローラーで圧着するときは、気持ち強めの力で押し当てるほうがきれいに仕上がる気がします。

他の部分も同じように、好きな色のホログラムを当ててコロコロ〜

コロコロを繰り返し、完成したのがこちら。
抜き線がズレていてちょっと締まらない仕上がりなものの、キラキラでかわいいです♡

完成したシールは台紙から外して、好きなとことに貼れます。粘着力は一般的なシールと同程度。特別に粘着力が強い・弱いと感じるような差はありませんでした。

シールと同じ要領でメッセージカードもホログラムを貼ってみました。

カードのほうが紙が厚く、粘着部分との凹凸が大きいためか、ローラーだけでは隅のほうまできれいに圧着できず、少しハゲたような仕上がりに。

ホログラムを乗せる段階で指などで隅を圧着させてから圧着すると少し改善するものの、シールに比べるとやや仕上がりがイマイチなのが残念でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

シール台紙の抜き線がズレていたのは残念でしたが、キラキラのホログラムシールやカードを自分で作れるのは楽しいし、たまたまだと思うので「アリ」判定。追加で準備するものがない&手や服を汚さずにできる点も、親目線から嬉しいです。

女の子ならキラキラアイテムは好きな子が多いと思うので、ホログラムシートだけでもアガるんじゃないでしょうか。

私はアルミ折り紙も好きなゆえにもったいなくて使えないタイプだったので、今子どもの私がこの付録を見たら、喜ぶ反面ホログラムシートも使えず取って置いちゃうかも・・・でもそれじゃもったいないので、代わりに大人の自分がしっかり遊ぼうと思います♡

購入した付録つき雑誌/ムック

たのしい幼稚園 2019年11月号

発売日:2019年9月30日(月)
価格:836円(税別)
講談社