雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2019年12月号《特別付録》L.L.Bean(エルエルビーン)のボア巾着ポシェット

2019年10月28日(月)発売のotona MUSE(オトナミューズ)2019年12月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

L.L.Bean(エルエルビーン)のボア巾着ポシェットはどんな付録?

モコモコのボアが可愛い!冬にぴったりの巾着ポシェット。
ハンドルと取り外せるショルダーストラップの2way仕様です。

宝島チャンネルより

サイズ(約) 高さ22×直径14cm

宝島チャンネルより

付録違いの2019年12月号増刊も同時発売です。
※増刊はセブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

パッケージはA4やや縦長の変形サイズ。

中には折りたたまれたポシェットと、不織布のテープでまとめられたストラップがぴったり入っていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポシェットはA5ノートがタテ向きに入ります。

最大容量は500mLペットボトル4本分です。

<実測サイズ>
タテ22×ヨコ16×底面14cm
ショルダーストラップ・・・最短66cm 最長128cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、合金

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

表はもこもこのボアで、ふわっとした中に少し凹凸を感じる質感です。バッグにコシやハリはなく、丸められるぐらいの柔らかさがあります。

ロゴは織りリボンで、付録では珍しい多色使い(数えたら7色!)です。多くの付録が2色(白地に1色など)が多いので、目をひきます。

裏は目の細かいポリエステル。薄手で柔らかく、なめらかな肌ざわりです。ポシェットの中に顔を近づけても、特に気になる臭いはありませんでした。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は3mmと細かく、変形や縫製の乱れもなくきれいな仕上がり。パイピング端もまっすぐ直線でカットされ、毛羽立ちもありません。既製品並みの品質です。

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーストラップ、持ち手
身長161cmの私がななめがけする場合、96cmで開口が腰にきます。ストラップと持ち手共に幅は1cmと細めなものの合皮製でコシがあり、思い切り力をかけて引っ張っても伸びない丈夫さがあります。コシがある割に柔らかさもあって、手にも肩にも肌あたりが優しいです。

ストラップ紐はつるっとしている割に滑りが悪く、ベルトを引くだけでの長さ調整はできません。その点のみ少し面倒でした。ストラップのカニカンのバネはちょうど良い硬さで、つけ外しがしやすかったです。

・開口
円形に大きく開けられる巾着型の開口は、中が見やすく中身の取り出しも楽々。紐も滑りが良いなめらかな動きで、シュッと絞ってサッと開けられストレスなく使えます。

・耐荷重
3kgまで。持ち手はもう少し重くても耐えられそうな強度があるものの、3kgを超えるとポシェットに突っ張りが出てきました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

もこもこのボア素材がぬいぐるみみたいでかわいい&季節感があって◎!暗い色が増えがちな冬場には白が挿し色になり、使いやすそうなのも嬉しいです。

ひとつわがままを言うなら、ポシェットに内ポケットがあればなお良かったな〜と思いますが、小物はポーチに入れて持ち歩くなどでフォローしたいと思います。

以上、otona MUSE(オトナミューズ)2019年12月号《特別付録》L.L.Bean(エルエルビーン)のボア巾着ポシェットのご紹介でした。

otona MUSE 2019年12月号

発売日:2019年10月28日(月)
価格:1,080円
宝島社