雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】InRed(インレッド)2019年12月号《特別付録》アダムエロペ 洒落顔を作る時短コスメセット

2019年11月7日(木)発売のInRed(インレッド)2019年12月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

アダムエロペ 洒落顔を作る時短コスメセットはどんな付録?

菊地美香子 監修 アダム エ ロペ
洒落顔を作る
時短コスメセット

[セット内容] ・時短メイクパレット
・スティックチーク
・リップカラーバーム
・リップおさえペーパー

次号予告|InRed(インレッド)│宝島社より

<6色パレット>

ハイライト・リップ・チーク・アイカラーと多様な使い方ができる「マルチカラー」が2色と、アイカラー・アイブロウの2色、悩みに合わせて使えるコンシーラー2色の全6色セット。

中にチップ&ブラシ2本とミラー付きです。

<スティックチーク>

リップスティックのようなフォルムのチーク。見た目は淡いピンクカラーです。

<リップカラーバーム>

保湿&色付けができるリップカラーバーム。見た目はブラウンカラーでマットな印象。

<リップおさえペーパー>

リップをマットに仕上げるためのおさえペーパー。紙製ケースに30枚、入っています。

原産国は?成分は?

<製造国> MADE IN CHINA

<成分表>

・スティックチーク

→パルミチン酸エチルヘキシル、マイカ、パラフィンetc.

・リップカラーバーム

→ミネラルオイル、マイカ、パラフィンetc.

・リップおさえペーパー

→天然パルプ100%

・メイクパレット

付録ではどれくらいの容量入り?

<容量>

メイクパレット→ 1・2・5・6・各0.8g  3・4・各1.2g

スティックチーク→ 3g

リップカラーバーム→ 3.6g

リップおさえペーパー→ 30枚

▼全体のサイズ感はこちら。上がメイクパレットです。

付録を試してみた感想は?

<メイクパレット>

落ち着いたカラーが多い印象のパレット。

コンシーラーがパレットにセットしているのは珍しい気が。なるほど、“時短”というのも納得!

早速、それぞれを指にとって手のひらに一筆塗りしてみました。

①・②の「マルチカラー」はアイシャドウ、フェイスカラー、リップ、チークと多種多様に使えます。

①は光の当たり具合でキラッと輝きがわかるぐらいの薄めの発色で、ハイライトのような使い心地でした。

テクスチャーはクリーム系でしっとり柔らかです。

②はボルドーカラー、かなり強めの発色で一度塗りでもハッキリ色づきます。しかし伸びはやや弱め。こちらのテクスチャーはぬるりとしたオイリーな感触でした。

③・④はどちらもアイカラー・アイブロウ用のゴールド系カラー。

③はラメ入りで、キラキラが強いですが肌に伸ばすと発色は柔らかめ。アイシャドウなら、ぼかしやベースに使えそうです。アイブロウだと少し派手かな?

④はマットで、こちらは薄付きで濃さが調整しやすくアイブロウ向けだと感じました。

どちらもテクスチャーはサラサラです。

⑤・⑥はコンシーラー。⑤は「赤みを目立たなくする」ということで、オレンジベージュ系。色味は強めでカバー力を感じました。

赤みの悩みがないので、実感は分かりませんでしたが浮くこともなく、ファンデーションとしっかりマッチ。

⑥は「くすみを目立たなくする」コンシーラーで、やや薄めのベージュ。筆者はコンシーラーもファンデもがっつり塗り込むので、少々物足りなさを感じてかなり塗りました(笑)

厚塗りが苦手な方やナチュラルなメイクが好みの方にはちょうど良さそうです。

テクスチャーはクリーム系の柔らかさ、リキッドよりもスティックタイプのコンシーラーに近い感触でした。

<スティックチーク>

薄いピンクカラーで見た目はマットなチーク。テクスチャーはクリームチークに近いしっとりタイプです。

ひと塗りだけでは、かなり発色が弱いので何度か塗り塗り。

サーモンピンクのような柔らかいカラーで甘めなチークです。伸びはイマイチですが、スティックで微調整ができるので扱いやすかったです。

<リップカラーバーム>

手のひらにのせた時はかなり発色が強い!と感じましたが、実際に唇に塗ってみるとファンデーションのようなベージュカラーの落ち着いた色味になりました。

マットな見た目とは裏腹な、ねっとり・ぽってりな唇に。保湿できる、ということですがうるおい系ではなくオイリーな保湿感です。

<リップおさえペーパー>

リップおさえペーパーはあぶらとり紙ですね!

つるりとした感触で透けていて、グラシン紙のような薄さ。

リップカラーバームをベタ塗りして、おさえてみたところベトーッと唇に吸い付くように、オイリーさをしっかり吸収。

一気にマットな唇になれました!1枚で十分な使い心地です。

ちなみにあぶらとり紙として使ってみたら、皮脂がよく取れました(笑)

<チップ&ブラシ>

チップは厚みがあり、メラミンスポンジのような素材。手持ちの市販チップとあまり違いは感じませんでした。

ブラシは極細の毛がフサフサ、毛束が少ないということもなく肌触りも気持ちが良かったです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

落ち着いていて、これからの季節にも使えそうなカラーが揃ったメイクパレットは◎!

コンシーラーがパレット配置されているのは便利で嬉しいですし、2色なのもお得感あり。

チークとリップは見た目に反して薄めな発色だったので少しがっかりしましたが、大人の女性にはこれぐらいがいいのかも。筆者が少々、厚化粧すぎるということで・・(笑)

おさえペーパーは本来の役目+あぶらとり紙としても使えるし、吸収力が市販品よりも「おっ!」と感じました。30枚なので大事に使いたいと思います!

レビューした付録つき雑誌/ムック

InRed 2019年12月号

発売日:2019年11月7日(木)
宝島社

付録違いの2019年12月号増刊、特別号も同時発売です。