雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】ゼクシィ 2020年3月号《特別付録》PAUL&JOE La Papeterie(ポールアンドジョー ラパペトリー)家計管理マルチケース

ゼクシィ 2020年3月号(2020年1月23日(木)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

PAUL&JOE La Papeterie家計管理マルチケースはどんな付録?

特別付録は、
PAUL & JOE La Papeterie
家計管理マルチケース

ゼクシィより

カードも硬貨も通帳も全部入る!
5じゃばら仕様のマルチケースです。

ふろく.life|次号予告より

じゃばら部分は5ポケットありました。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> ポリエステル

サイズはどれくらい?

ケースを開けて右側、カードポケットには交通系ICカードやコンビニカード、ファスナーポケットには硬貨、大きなポケットには銀行の通帳がすっぽり入ります。

左側のじゃばらポケットには、銀行の通帳、紙幣、商品券など、お金に関するものが入りました。

カード入れには、コンビニや交通系ICカードが1ポケットに最大6枚です。

<実測サイズ>
カードケース本体:タテ20.5cm  ヨコ12cm  厚さ1.5cm
ポケット:じゃばらポケット17.5×8cm
カードポケット:7.5×9cm(下)4.5×9cm(上) ファスナーポケット:7.5×9cm ポケット(大)18.5×10cm

付録を使ってみた感想は?

ケースの表面はサラサラとしたポリエステル素材。芯が入っていて、硬くしっかりとした作りになっています。

開けた内側もポリエステル素材のシャリシャリとした手触りです。

家計管理ケースということでどのご家庭でも家計管理に欠かせない銀行の通帳が、じゃばらポケットやカードポケット側にあるポケットにそれぞれ1冊ずつ計6冊が最低入ります。
また、お金もそれぞれのポケットに入るので、貯金するお金などを通帳と一緒に入れておくことも可能です。

ただ、ケース自体の作りで気になる点がありました。
一目見て、カードポケットの縫い目に歪みがあるのがわかります。

外で持ち歩いたとしても人に見せるようなものではなく、自分で持つものなので歪みがあってもいいのですが、全体的には既製品には劣る付録同様の製品と言えます。

開口部とファスナーポケットのファスナーをそれぞれ10回ほど開け閉めしましたが、ひっかかりはなくスムーズでした。

気になるような匂いはありません。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

本誌と合わせても300円という安価な付録なので期待はしていなかったのですが、開けてびっくり、通帳やカードなどがたくさん入り、家計管理ケースとして使えるので「あり!」です。
ちょうど持っていた通帳入れが劣化してきていて、通帳を全部入れられるものが欲しいなと思っていたので、嬉しい付録でした。
本体の柄も、大人可愛く、持ち歩いても変じゃないのも嬉しいです。カード入れもあり、これだけ持てば給料日や引き落とし日に銀行周りができとても便利に使えるケースです。
新年から、お金の管理をしっかりできるようになれるかなと期待大。どんどん活用していきたいと思います。

以上、ゼクシィ 2020年3月号《特別付録》PAUL&JOE La Papeterie 家計管理マルチケースのご紹介でした。

紹介した付録つき雑誌/ムック

ゼクシィ 2020年3月号

発売日:2020年1月23日(木)
価格:300円(税込)
リクルート