雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2020年4月号《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダード レサージュ)チェーンストラップ付きポシェット

otona MUSE(オトナミューズ)2020年4月号(2020年2月28日(金)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

2020年4月号は付録違いでセブンイレブン限定の増刊も同日に発売されます。

JOURNAL STANDARD L’ESSAGEチェーンストラップ付きポシェットはどんな付録?

取り外し可能なチェーンストラップがついた、ジャーナルスタンダードレサージュのポシェットです。
ポーチとしてバッグインしても◎

ふろくlife予告より

サイズ(約):H13×W24[最大]×D7.5cm
チェーンストラップの長さ: 120cm

宝島CANNELより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体にはA6サイズのカードケースがすっぽりと入りました。

最大容量は500mlのペットボトル2本分です。

<実測サイズ>
ポシェット:タテ13cm ヨコ25cm マチ7.5cm
ショルダーストラップ 全長127cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC合皮、ポリエステル、合金
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ポーチ表面は細かいシボが入っている合皮素材。シボがザラッとしていますが引っかかりはなく、スムーズな手触りです。
JOURNAL STANDARD L’ESSAGEのロゴが型押しされていました。

ポーチの内側はサラサラとしていてハリが感じられる裏地が施されています。

付録の品質はどう?

ミシン目は一定に揃い、細かくキレイに直線で縫われていて、とくに気になる点はありませんでした。
既製品同様の作りと言えます。

付録を使ってみた感想は?

【サイズ感】
ポシェットなので、斜めかけでかけてみました。161cmの身長だと、ポシェットの開口部は足の付け根より少し上ぐらい。底部は太ももの始まりあたりです。ポシェットとしては、私には少し長めに感じました
ちなみに肩にかけてショルダーにすると、開口部は足の付け根です。
ストラップチェーンは長さの調節機能はありませんが付け外しができます。

【開口部】
ファスナーを10回連続で開け閉めしてみましたが、特にひっかかりなどはありませんでした。
開口部にマチがあり、大きく開くので、底の隅まで大きく見渡せます。

チェーンをつける場所は開口部の前後です。

ナスカンでひっかけるようになっていました。

【匂い】
ポーチ表面は特に気になるような匂いはありませんでした。内側はかすかに付録のバッグ特有の酸っぱいようなビニールの匂いがしますが、きつい匂いではなく、かすかに匂う程度です。

【耐水性】
合皮素材でつるりとしている表面は、水をはじくかなと思い少量の水をかけてみました。しっかり水をはじき、水滴になっています。
内側に沁み込むことなく、タオルで拭き取ると水分はなくなり元通りの表面になりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

シンプルなデザインで、縫製は言うことなし!既製品なみの品質の使えるポシェットは「あり!」。
一番嬉しいのは、少し大きめな愛用の長財布が入る点。ちょっとおでかけなら、お財布を入れて、さくっと出て行けます。
ただ、ちょっとチェーンストラップが長い気はするので、ストラップなしにして、カバンにポーチとしてインして使おうかなとも思っています。

以上、otona MUSE(オトナミューズ)2020年4月号《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダード レサージュ)チェーンストラップ付きポシェットのご紹介でした。

 

今回のotona MUSE2020年4月号は通常号と増刊とでは付録が違うので、ぜひお気に入りをゲットしてみてくださいね。ちなみに私は増刊のバッグがお気に入りです。

付録違いotona MUSE(オトナミューズ)2020年4月号増刊《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダード レサージュ)モノグラム柄ショルダーバッグのフラゲレビューはこちら

購入した付録つき雑誌/ムック

otona MUSE 2020年4月号

発売日:2020年2月28日(金)
宝島社

付録違いの2020年4月号増刊も同時発売です。