雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】nicolai bergmann flower box pouch book ボックス型ポーチ

 

nicolai bergmann フラワー ボックス型ポーチはどんな付録?

 

ニコライ・バーグマンのシグネチャーアイテムである、

フラワーボックスをイメージした、オリジナルポーチができました。

シンプルなデザインのポーチを開けると、色鮮やかなお花柄が広がる美しいデザインです。

宝島CHANNEL より

 

SIZE(約) H15×W15×D8.5cm

宝島CHANNEL より

 

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

 

内寸は新潮文庫のサイズにぴったりでした。

 

<実測サイズ>

タテ16cm ヨコ16cm 高さ8.5cm

 

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> PVC

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

 

表面はつるつるした合皮製です。ロゴの部分は高級感のあるシルバーでしっかりと箔押ししてあり、カリカリこすっても剥がれることはありません。

 

内側の素材はシャリ感があり、光沢もあります。内張りだからといってペラペラに薄い生地ではなく、しっかりとした素材だと感じました。

一方、ポケットのメッシュはやや薄くて弱々しい印象です。雑に引っ張った時に破れてしまわないか少し心配です。

1段目のゴムも、やや薄いような印象です。何度も使っているうちに伸びてしまいそうだな、と感じました。

 

 

付録の品質はどう?

ミシン目は約3㎜。しっかりと縫製されていて、市販品と遜色ないクオリティーです。

ただ、箱から出した時から、表面にボンドのような汚れが付着してしまっていました。このぽち汚れが無ければきれいなつるつるの表面だったのに、少し残念です。

 

 

付録を使ってみた感想は?

 

実際に使用してみると、とても実用的で使いやすいと感じました。

ファスナーの開け閉めも問題なく、がばっと大きくひらくので、物が出し入れしやすく、内張りの花柄が明るいピンク色なので、中に入れたものが探しやすいです。もし黒の内張りだったらコスメ用品の汚れが目立ちそうですが、ピンクなのでパウダー汚れなども目立たなさそうです。

家にあるネイルをタテにしてたくさん入れてみましたが、まだまだ入りそう。さらに、仕切りがついていて、整理整頓もできてしまいます。

コスメ品ではありませんが、スティックのり、シャチハタ印鑑、リップクリームを一段目に入れてみました。どの太さのものもしっかりとゴムでホールドされました。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

思った以上に実用的に使用できて、文句なしの「あり!」

欲を言えば、ダブルファスナーだったらもっと使いやすかったかも・・・。

さっそく、筆者のボロボロのコスメケースをこの「nicolai bergmann flower box pouch」にリニューアルして、コスメグッズを整理整頓して使おうかな、と考えてとウキウキしています。

内張りの花柄は、好みが分かれそうですが、nicolai bergmannのフラワーショップで作ってもらったフラワーボックスだと妄想して、使用することにしました。

 

 

購入した付録つきムック/nicolai bergmann flower box pouch book

 

 

誌名 nicolai bergmann flower box pouch book
出版社 宝島社

発売日:2020年4月14日
価格:本体1,980円+税

宝島CHANNELより