雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】steady.(ステディ)2020年6月号増刊《特別付録》 リラックマの保冷機能付きポシェット

steady.(ステディ)2020年6月号増刊号(2020年5月7日(木)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でフラゲレビューとしてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

リラックマの保冷機能付きポシェットはどんな付録?

『steady.』6月号増刊の付録はリラックマの保冷機能付きポシェット。内側が保冷素材になっているのでペットボトルも入れられる優れもの。

FASHION BOX | 宝島社より

外側にはファスナーポケットとメッシュポケットがひとつずつ付いているので、スマホやカードケースなど、小物収納にも便利です♪
高さ23.5×幅12(最大16)×マチ8.5cm

FASHION BOX | 宝島社より

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポシェット本体には、B6サイズのカードケースがすっぽりと入ります。

メッシュポケットにはスマホ(7×15cm)がちょうど入ります。

ファスナーポケットにもスマホ(7×15cm)がぴったり入りました。

最大容量は500mlのペットボトルが2本です。

<実測サイズ>
ポシェット本体:タテ23.5cm ヨコ17.5cm マチ8cm
ファスナーポケット17.5×15.5cm メッシュポケット16.5×15.5cm
ショルダーストラップ:最短69cm 最長130cm

付録の素材はなに?原産国は?

出版社様に発売前にご厚意でいただいた付録のため、今回は素材や原産国表示がありませんでした。

付録素材を見た、触れた感じは?

ポシェットの表面はサラリとした手触り。スポーツ用シューズケースなどに使われているような素材に近いと思います。

裏側にはメッシュポケットが付いていました。約3mmの細かい網目です。

内側は保冷シートが施されていました。触ると100均などにある保冷バッグと比べ物にならないふわふわとした厚みがありました。

付録の品質はどう?

ミシンの縫い目は真っすぐキレイに縫われていますが、既製品より少し粗い縫い目です。糸の始末などはキレイで特に気になる点はありませんでした。

生地の表面に傷のような線が付いていたので、素材のせいだとは思いますが、少し気になりました。使っていたら、このような線はどんどんつくんだろうなと思います。

付録を使ってみた感想は?

【サイズ感】161cmの身長でショルダーストラップを付けて方から斜め掛けをした際開口部が腰骨あたりに調節すると、底部は足の付け根より少し下ぐらいになりました。

【開口部】ファスナーで上部が広く開くので、底までしっかり見渡せます。また、ファスナーは約10回連続で開け閉めしてみましたが、とくに引っかかることなくスムーズでした。

【ショルダーストラップ】プラスチックのナスカンでつなげることができます。

ショルダーストラップを付けなければ、ポーチとして手持ちのバッグに入れて持ち歩きも可能です。

【保冷時間】厚みのある保冷シートだったので保冷時間が気になりましたので、小さい保冷剤を入れておいてどれぐらい持つのか確認してみました。
約×cmの保冷剤を、ひとつ入れて、約20度の家の中に置いておくと約6時間後に全部溶けていました。それまで、何度か凍った部分があるか確認していましたが、すぐには溶けず保冷を保っていました。

【耐水性】保冷機能があるポシェットということで、濡れるのは必至。そこで、お水をかけてみて、防水機能があるか確認してみました。

結果、表面にかけた水は水滴となって、裏側に沁み込むことなく、タオルで拭くとキレイになりました。

内側はもちろん防水できていて、タオルでさっと水滴を拭くだけで、水分はなくなりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

保冷機能も安定していて、500mlのペットボトルが2本も入るショルダーポシェットは「あり!」
夏のレジャーや、近くの公園、お買い物にも、冷やした飲み物を持って歩けるのは嬉しいですよね。
リラックマが可愛すぎるかなとも思いましたが、色はモノトーンでそこまで目立たちません。また、ショルダーストラップをはずして、保冷用のポーチとしてバッグにインもできるので、我が家ではとても便利なアイテムになること間違いなしです。

購入した付録つき雑誌/ムック

steady. 2020年6月号増刊号
発売日:2020年5月7日(木)
出版社:宝島社
価格:1,119円

増刊号はセブンイレブン、セブンネットショッピング限定販売 販売詳細はこちら>>

予約もできる公式サイト「宝島CHANNEL」はこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの2020年6月号も同時発売です。 フラゲレビュー記事はこちら>>