雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】サライ 2020年8月号《特別付録》サライ謹製 帆布肩掛けバッグ

サライ謹製 帆布肩掛けバッグはどんな付録?

サライ8月号の特別付録にサライ謹製 帆布肩掛けバッグが登場です!

外ポケットにはスマホなどのよく使うもの。本体はボタンで留められるのでお財布などを入れて、お散歩や外出できるバッグです。

付録ライフより

 

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

本体にはA5縦サイズ、ポケットにはハガキ縦サイズが入りました。

【容量】

500mLのペットボトルが2本収容できるサイズでした。

手持ちの長財布も入りました。

<実測サイズ>

縦26cm×横18cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>

本体:綿

ショルダーベルト:綿、ポリエステル

金具:スチール

<生産国>

MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ゴワゴワとした触り心地のキャンバス生地。パリッと固い生地です。

 

生地の厚みは割と厚手です。キャンバス生地ならではのポツポツと毛玉がありました。

ラクダのマークはプリント。本体は綿素材とのこと。

 

付録のキャンバス生地といえば自分の中では“ポリエステルとの混紡”が多いイメージなので珍しい!なんだか特別感があります。

開封直後から独特なニオイがします。おそらく陰干ししていたらとれる程度の匂いなので、しばらく干してみようと思います。

付録の品質はどう?

縫い目幅は約4mmで、ほぼ一定に揃っています。

縫い合わせの糸が少し出ていましたが、自分でカットすれば気にならないレベルでした。

付録を使ってみた感想は?

本体にはスナップボタンがついていました。固すぎず、ゆるすぎない丁度良い留め心地です。

ショルダー紐の長さは最短約64cm~125cm。

ショルダー紐は調節可能で、最長の状態にして全長125cm。155cmの筆者が斜め掛けをすると、開口部が腰骨から手のひら分ぐらい下あたりの位置にきました。

他の付録バッグと比べるとショルダー紐は長めにすることも可能です。

“水の強い”と本誌で紹介されていたので、大さじ1の水を垂らしてみたところ、しっかり弾きました。

実用性を兼ねたバッグです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ポリエステル混紡ではないキャンバス生地にかなりの好感を持ちました。

シンプルなデザインで老若男女問わず、いろんなシーンで使えそうです。

本誌はテーマごとに厳選された100冊の本が紹介されています。本誌の内容も非常に読み応えのある内容でした。

さすがサライです!(毎月の感想)

購入した付録つき雑誌/ムック

サライ8月号

発売日:2020年7月9日(木)
出版社:小学館
価格:1,100円