雑誌の付録を開封レビューでご紹介
予告
 

【開封レビュー】BANNER BARRETT(バナーバレット) 2WAY SQUARE BAG BOOK

バナーバレット 2WAYで使えるスクエア型バッグはどんな付録?

「バナーバレット」の大人気アイコンバッグが、本誌限定の特別デザインで登場。
大人のカジュアルスタイルにぴったりのアイテムです。

宝島CHANNEL | 宝島社より

SIZE(約)
タテ21×ヨコ25×マチ14cm
ショルダーストラップの長さ138cm[最長]

宝島CHANNEL | 宝島社より

バッグ本体とショルダーストラップ、底板が入っていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

底が広いバッグはA5サイズのカードケースがぴったり入ります。
ポケットにはB7サイズのカードケースがすっぽりと入り、スマートフォン(15×7cm)が入りました。スマホは横にすると入らなかったです。

最大容量は500mlのペットボトル6本と600mlのペットボトル2本です。

立てて入れるとペットボトルの頭部分が出てしまいます。左の2本が600mlのペットボトルです。

<実測サイズ>
バッグ本体 タテ20×ヨコ24×マチ15.5cm
内ポケット 12.5×14.5cm

ショルダーストラップ 最短75.5cm 最長139cm
ベルト 全長29cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿ポリエステル混紡、PVC、ポリエステル裏PVC貼り、鉄、合金、PE
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ本体はくしゃっとにぎれるキャンバス地。多少のハリはありますが自立するような素材ではなく柔らかめです。

底に底板を入れることで、バッグ自体がしっかりするといった風合いです。

パイピングはしっとりとした手触りの黒のレザー調です。同じ黒のレザー調ですが、スナップボタン周りはしっかりとしたハリと厚みがある素材です。

付録の品質はどう?

ミシン目は揃っていて、まっすぐキレイに縫われています。縫い方は市販のバッグと遜色ない仕上がりでした。

1点、持ち手で糸が出て、別の部分に縫われてしまっています。この後、ひっぱると糸は切れてしまいましたが、切れた糸がぴらぴらと出て気になったので、切っておきました。

付録を使ってみた感想は?

【持ったときのサイズ感】
手を伸ばした状態で持つと、161cmの身長で開口部は太もも中間、底部は膝下になりました。ショルダーストラップは斜めかけでも肩掛けでも可能。自分で調節できます。

使いやすい高さとして、開口部を腰骨あたりに調節すると、底部は足の付け根下になります。

ショルダーストラップは、簡単に取り付け可能です。

【開口部】
大きく開く開口部は中身が見えにくいようにボタンで留められます。10回開け閉めしましたが、ボタンに不具合はありませんでした。

マチ部がとっても広いです。

【耐水性】
バッグ表面に水をかけてみるとバッグに沁みていきます。乾くと水の跡はなくなります。内側も同じように水をかけてみたところ、やはり沁みていきました。

【耐荷重性】
バッグの持ち手をドアノブにかけて、力を入れて引っ張ってみました。しっかりと本体と持ち手は繋がっていて、取れたり破れたりなどはありませんでした。

【匂い】
気になるような匂いはありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

予告の画像を見る限り、もっとしっかりとしたハリのある素材で大きめを想像していたので、ふにゃっとした素材で思っていたより小さめだったため少し厳しめですが「うーん・・」にします。

デザインはスッキリとしてクールさがあり気に入っています。が、もう少ししっかりとした素材のほうが、持ちやすいかな、と個人的には思います。この本だけの「BANNAER BARRETT」限定デザインバッグということで、期待しすぎた点があるかもしれませんが・・。

でもこの夏から秋にかけてカジュアルなおでかけなどに、愛用長財布が入る大きさと言う点では使えるので、どんどん持って歩きたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

BANNER BARRETT(バナーバレット) 2WAY SQUARE BAG BOOK
発売日:2020年8月11日(火)
出版社:宝島社
価格:本体1,890円+税

予約ができる公式サイト宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)