雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】めばえ 2020年10月号《ふろく》アンパンマン おしゃべりかいてんずし

「アンパンマン おしゃべりかいてんずし」はどんな付録?

『めばえ』2020年10月号のふろくは、「タッチパネルでポチッ! アンパンマン おしゃべりかいてんずし」!

タッチパネルで注文し、回転台をまわしてハイどうぞ! リアルな回転寿司屋さんごっこを楽しめます。タッチパネルを押すと「おすすめは…まぐろ!」「うりきれです」などのおしゃべりと効果音がながれる、超豪華ふろくです。

めばえ公式サイト|小学館キッズより

タッチパネルのよびだしボタンを押して 食べたいおすしを注文! 音付きなので、 本当のおすしやさんみたいなごっこあそびを楽しめます♪

小学館「めばえ」編集部|Twitterより

【準備】
タッチパネルは本誌に綴じ込みのシールを貼り、裏側の電池部分にある絶縁シートを抜きます。
タッチパネルには注意事項がありましたので、使用の際はご注意ください。

かいてんずし本体は組み立てが必要です。結構な大きさの組み立て部品ですが、大人の手で約15分ほどでできました。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

素材表記は本誌や付録を探したのですが見つかりませんでした。

<使用電池/対応カートリッジ> LR44 2個 (電池付き)最初から電池は入っていました。電池交換は可能です。

サイズはどれくらい?

回転ずし本体はB6サイズのカードケースと同じぐらい、タッチパネルはポケットティッシュより一回り小さめでした。

<実測サイズ>(約)
高さ・・・15cm(最大)
ヨコ幅・・・19cm
奥行き・・・18cm(最大)

付録を使ってみた感想は?

いろいろなお寿司のネタにデザートやジュースまで!かいてんずしやさんの開店です!

かいてんずしは、どうやって回るのか・・・。それは手動でした。
お皿が載っている回転盤をくるくると回します。しっかり組み立てられれば、くるくる回ると思います。今回作った分はしっかり回りました!

お皿にはアンパンマンに出てくるキャラクターの顔が書いてあります。

注文はタッチパネルでできますよ。タッチパネルはスタンドがあり、立てておいておけます。

すきなメニューを押すとそのメニューの名前を言ってくれたり、おすすめを押すと、ランダムでおすすめのおすしを教えてくれたりと、楽しませてくれます。

ただ、メニューボタンで何回かに1回「うりきれ!」のあとに流れるメロディがなんともやるせない気分になり、ちょっと落ち込んでしまいます。

ぜひ、この付録で遊んだ際には、「うりきれ」を楽しみに押してみてください。

しっかり遊んだら、おかたづけ!この付録の嬉しいところが、部品を片づけるスペースがあるところ。回転台の裏側に「あそびおわったら このなかに ぶひんを しまってね▼」の文字があります。

この中におさらやお寿司などの部品を入れて行きます。入れ終わったらフタをします。

片づけできあがり。すっきりとしました!これなら次に遊ぶ日まで、ぶひんをなくす心配がありませんね。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

「かいてんずし」が回転したり、タッチパネルがお話したり、おもしろく楽しい付録はもちろん「あり!」。

これ、結構楽しめますよ。とくにタッチパネルは、押すとお話してくれるので、何回もタッチしちゃいます。お子さんなら、もっともっと楽しんで遊んでくれそうですよね。そして、15分で完成できるのも大人は嬉しい!ぜひ、かいてんずしやさんごっこで遊んでみてくださいね。

購入した付録つき雑誌/ムック

めばえ 2020年10月号
発売日:2020年9月1日(火)
出版社:小学館
価格:900円