雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】小学一年生2020年11月号≪特別付録≫ ドラえもんアンキパンメーカー

 

ドラえもんアンキパンメーカーはどんな付録?

ドラえもんのひみつ道具「アンキパン」みたいなトーストが作れる、文字と絵のパーツセット「アンキパンメーカー」が今月号の付録。

ひらがなカタカナ50音+数字がそろっているので、名前や好きな言葉、足し算・引き算の式を作って、食パンなどにスタンプのように押すことができます。

朝ごはん用のトーストだけでなく、クッキーなどのおかし作りにも使えます。4種類のアレンジレシピを誌面で紹介中! 文字や数字の学習ができる楽しいクッキングに親子でぜひ挑戦してみてください!

小学館キッズより

 

今月号はなんと、あのアンキパンが作れるというキットが付録!

2019年10月号の付録で大好評だったアンキパンメーカーが再登場です!

使い方は簡単、台座に文字や記号をはめてギュッと食パンに押し付けてからトーストするだけ。

ほかにも、お菓子作りに使うこともできます。本誌では、マシュマロケーキやクッキーが紹介されていました。

 

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> PS

 

サイズはどれくらい?

通常サイズの食パンよりもひとまわり小さなサイズです。

ショップカードと比べて見た様子がこちら。

<実測サイズ>

台座・・・8.5×8.5㎝

文字パーツ・・・1.3×1.3㎝

付録を使ってみた感想は?

あのアンキパンを食べられる!

これでもうテストの前に必死に勉強しなくてもいい!・・・かどうかは別として、予告を見た時からワクワクして楽しみにしていた今回の付録。

仕組みはアナログかつ単純、スタンプのような型を食パンに押し当ててトーストするだけ。

どうして今まで誰も商品化しなかったのかな、と思ってしまうほど、アイデア付録、コロンブスの卵的な付録です。

それでは早速試してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

まず初めに文字パーツをランナーから切り離します。

画像でははさみが写っていますが、はさみはほぼ必要ありませんでした。はさみ、要りません。手でくるくると回してかんたんに外すことができます。

 

のび太君に食べさせてあげる気持ちで、1+2=3 算数の数式と、ふろくライフの文字をセット。

うまくできるかなあ・・・

 

先ほどセットした型を、食パンにぎゅうぎゅうと押し付けていきます。

食パンに弾力があるので、かなりぎゅうぎゅう押し付けても大丈夫です。いやむしろかなりぎゅうぎゅうに押し付けてください!

食パンの裏からもぎゅうぎゅうに押し付けていきます。

ちょっとぎゅうぎゅう押し付けすぎたかな・・・

トーストで焼くこと4~5分。ちょっと焦げ付き気味ですが、こんな感じに焼きあがりました!

文字がうまく読めるでしょうか・・・

この付録、アリ?ナシ?

あり!

筆者が焼いたアンキパンでは、のび太君のテストがうまくいったという気がしませんが、ワクワク楽しめる付録で「あり!◎」

食パンを使って、アンキパンとしても楽しめますが、お菓子作りやお料理にも応用できそうです。お子様とぜひ一緒にクッキングを楽しんでみてくださいね。

あ、もちろん今回焼きあがったアンキパントーストは、筆者がおやつにおいしくいただきました!

 

 

購入した付録つき雑誌/小学一年生2020年11月号

誌名 小学一年生2020年11月号
出版社 小学館

2020年10月1日(木)発売

特別定価1080円(税込)

小学館キッズより