雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】SPUR(シュプール)2020年12月号≪特別付録≫鬼滅の刃ミニリサイクルコットンバッグ

 

鬼滅の刃ミニリサイクルコットンバッグはどんな付録?

話題の『鬼滅の刃』も、「共感力」の視点から深堀り。

作中の「無限列車」にオマージュを捧げるファッションストーリー、付録「鬼滅のミニ リサイクル コットンバッグ」とともにお楽しみください。

SPUR.JPより

縦20×横20×マチ10cm

(本誌表紙より)

サスティナブルなリサイクルコットンで作られている今回の付録、鬼滅の刃ミニリサイクルコットンバッグ

別冊の「SDGsブック」も読みごたえあり、持続可能な社会について考えるきっかけとなってくれそうな付録です。

↓ちなみに裏面はこんな感じです。

 

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

マチ無しにした状態では、B6サイズが入りました。

このバッグの構造をよく見てみると、マチ無しで使うのはもったいないので、マチを広げた状態で調査。

A6サイズが余裕ではまりましたが、B6サイズは無理でした。

 

<実測サイズ>

縦19.5×横20.5×マチ10cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> リサイクルコットン

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

ふれた感触は、普通の生成りのコットン生地。リサイクルされたコットンとは感じません。普通のコットンと何ら変わりなしです。匂いもないです。

ペラペラではないですが、ガッツリ厚手の生地でもなく。タテヨコに引っ張ってみたところ、タテ方向は若干伸びますが、ヨコは伸縮ゼロです。

炭治郎・禰豆子のプリントは、生地の上に乗っかってる感じのプリントです。

 

付録の品質はどう?

ミシン目は一定で、約3㎜間隔。真っ直ぐ綺麗に縫製されています。

気になる点はミシンの縫い終わり部分が、ところどころ図で示した部分のように、乱れているところがあるくらいです。

 

付録を使ってみた感想は?

大きさやフォルムから、

これは、ランチバッグとしてつかうべし!

と勝手に感じたので、ランチボックスとペットボトルを入れてみます。

ペットボトルはきっと頭が飛び出してしまうことが予想されますが、どんな感じになるのか楽しみです。

こんな感じに入りました。持ち手を持つとちょうどバランスが取れます。

ペットボトルの飛び出し問題も、持ち手を持ってしまえば、それほど気にならなかったです。

マチがあるので、幅広のお弁当箱も傾くことなく入れることができました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

箱を開けて実物を見た時は、予想に反しての小ささに驚きましたが、ありそうでなかったこのサイズは意外と汎用性が高そうです。

なにより鬼滅の刃プリントのこのバッグを持ち歩いていたら、

「鬼滅、みた?みた?」

と、旬の話題に乗っていけそう。職場や学校などのコミュニティーでの会話のとっかかりに最適です(筆者はまだ映画を観てないですが)。

本誌内では、鬼滅の刃を考察する記事が掲載されていて、「なるほど~!」と、興味深く読ませていただきました。ジャンプマンガの王道、「友情・努力・勝利の方程式」だけじゃない、読む人たちに刺さる、深い優しさと哀しみが、鬼滅の刃ならではの良さですね。

ついつい語りだしてしまいましたが、こんな風に読者それぞれの心の中に様々な思いを生じさせる鬼滅の刃。映画を観る前に、もう一度コミックでおさらいしていこうと計画しています。

購入した付録つき雑誌/SPUR(シュプール)2020年12月号

誌名 SPUR(シュプール)2020年12月号
出版社 集英社

特別定価:950円(税込)

2020年10月23日(金)発売

表紙:杏