雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】mini(ミニ)2020年12月号≪特別付録≫トイ・ストーリー マグネットフック3点セット

2020年10月30日(金)発売予定

mini(ミニ)2020年12月号 トイ・ストーリー マグネットフック3点セット  の見本品を出版社さまのご厚意でお譲りいただきました。

そこでふろく.lifeにていちはやくご紹介させていただきます!

※発売前の見本品のため、実際に発売される付録とは異なる点があるかもしれません。予めご了承ください。

トイ・ストーリー マグネットフック3点セットはどんな付録?

アイシングクッキーみたいなポップで可愛い3人組♡ この子たち、背中にはマグネット、腕はくねっと曲がるフックなんです!

鍵、キャップ、傘、ペットのお散歩リード、除菌スプレー etc. お出かけ前や帰宅後すぐ使うものは玄関のドアに

ヘアゴムやヘアバンド、泡立てネットに、歯磨きコップ。洗面所やお風呂の壁、洗濯機の側面に貼り付けて!

宝島CHANNELより

リトル・グリーン・メン  サイズ(約):65×60mm
バズ・ライトイヤー  サイズ(約):80×70mm
ロッツォ  サイズ(約):80×70mm

フックの耐荷重(約):300g

宝島CHANNELより

アイシングクッキーみたいなマグネットフック、とあるように、まるでお菓子のような鮮やかさ。

表面はゴムっぽいマットなつやがあり、安っぽくありません。

裏はつるつるです。マグネットは上下に1個づつついていました。

 

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> PVC

サイズはどれくらい?

バズ、ロッツオはショップカードとほぼ同サイズ。

リトルグリーンメンはそれよりも小さめです。

<実測サイズ>

リトル・グリーン・メン  サイズ(約):65×65mm
バズ・ライトイヤー  サイズ(約):84×75mm
ロッツォ  サイズ(約):80×70mm

 

付録を使ってみた感想は?

家の中にお菓子の缶が転がっていたので、それに接着して密着具合をチェック。

ペタッと張り付き、はずすのが困難なほどしっかりとくっついてくれました。

メモを1枚挟んでみましたが、安定の接着力。びくともしません。

けっこう厚めのメモ用紙なのですが、5枚重ねてもしっかりと張り付いています。

3人の腕部分を折り曲げるとフックになります。

折り曲げる時の感触は、硬めのグミやハイチュウのようです。

それぞれの腕に適当なアイテム(40~90gくらい)を持たせてみましたが、彼らの腕は全く動じることがありませんでした。

耐荷重量は300gとのことなので、調べてみたいと思います。

適当なレジ袋にペットボトルの中の容量で重さを調節。適当に調節したので199.39g。ざっくり200gとなりました。

ロッツオに持たせてみましたが、袋の重さに腕が耐えきれず、真横に倒れながらもなんとか200gをキープ。

リトルグリーンメンは危なげなく袋を保持。

バズは袋を持つことができたのですが、腕部分が短いので、幅があるものを持つことは出来なさそうです。

ちなみに、フックの耐荷重(約):300gとの記述があったので本当に300gに耐えうるのか、検証しましたが、残念ながら300gの重さにすると、マグネットはずり落ちてしまいました。

250gでもムリだったので、3人に持たせるもののアイテムは、重くても200gくらいにとどめておくのが良いと思います。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

おもちゃのような、お菓子のような、カラフルなトイ・ストーリーのキャラクターは、見ているだけで元気が出るアイテムなので、「あり!◎」

あまり重たいものを持たせるのは彼らにとって負担が大きいと思うので、ちいさめの小物くらいにとどめておいた方が良さそうです。

筆者は冒頭の写真にあるように、キッチンでたまりがちな輪ゴムをかけて、冷蔵庫に貼っておくのがいいなと思いました。

メモを貼るには十分な接着力なので、時刻表や予定表を貼っておくのにも便利だと思いました。

購入した付録つき雑誌/mini(ミニ)2020年12月号

誌名 mini(ミニ)2020年12月号
出版社 宝島社

発売日:2020年10月30日(金)

特別定価:本体1073円+税

表紙:齋藤飛鳥(乃木坂46)

宝島CHANNELより

 

予約ができる公式サイト:宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)