雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】小学8年生 2020年12・1月号 ≪特別付録≫3Dドリームアーツペン

 

3Dドリームアーツペンはどんな付録?

 

メガハウスの人気おもちゃ「3Dドリームアーツペン」が付録になりました! かいた絵を固めて立体にできる不思議なペンで、インクの色は「ライトブルー」です。マジカルライトとノズルつきだから、すぐに3Dアート作りが楽しめます!

「3Dドリームアーツペン」でかいたインクにマジカルライトの光を当てると、15秒から1分ほどでインクが固まります。

小学館キッズより

 

いつも予想の斜め上を行くオモシログッズが付録の小学8年生。今回の付録は、不思議な立体アートが楽しめる3Dアートペン

立体製作をするのは、かなりテクニックが必要なのではないかな(不安)・・・実際どうなんでしょうか。

本誌をみると、ペン先からインクを出しながら下敷きのシートをなぞって描いた絵に、ライトを当て、固めていくようです。

ジェルネイルや、レジンアートのようなもののようですね。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> 専用ペン:EVA PP    インク:アクリル  マジカルライト:ABS PMMA 合成ゴム

<使用電池> 単4乾電池 3本

 

サイズはどれくらい?

太めのマーカーと同じくらいのサイズ感。ライトはもう少し短くて太いです。

<実測サイズ>

専用ペン:15×3.5㎝

マジカルライト:10㎝×直径2.5㎝

 

付録を使ってみた感想は?

 

用意するのは単4乾電池3本、あとドライバー。

 

乾電池ケースが取り外せるので、はずしてから電池を入れ、またケースを挿入します。

ライトはこんな感じです。紫外線ライトのようです。直接目に入れないように気をつけなければなりませんね。紫外線はお肌にも目にも有害です。

特に小さなお子様がいるご家庭では、くれぐれもご注意ください!

ノズルキャップを外し、ノズルを回して取り付けます。

取りつけたら、黒い部分を回してインク量を調節してください。

さて、下準備ができたのでいよいよアート製作に取り掛かります!

本誌の表紙を開いたすぐのページに下敷きシートがあるので、そのシートを丁寧に切り取っていきます。

好きな絵柄を選んで、さっそくペイント。筆者はクリスマスらしいを選びました。

アートペンのインクをのせていきます。

次に紫外線ライトを照射!短い線でだいたい15秒くらい、とあるので、2~3分ぐらい全体に照射しました。

家の中も塗りつぶしていきます。ライトも丁寧に当てていきます。けっこう近づけて当てたほうが効き目がありそうです。

紫外線ライト照射が足りないと、さわってみるとべたべたしてしまいます。十分にライトを当ててください。

とりあえずここまで完成!

シートから外して・・・

はさみではみ出た部分を切り取ります。

今度こそ完成!!

本当は、これと同じものをあと一つ、四角のパーツを5個くらい作って、さらにそれらを組み立てると立体的な家が完成するのですが、筆者はここまでで満足してしまったので、3D化するのはまたの機会にしようと思います。

・・・いえ、めんどくさいわけではないのです・・・いつか、やってみたいと思います・・・

この付録、アリ?ナシ?

あり!

工作好きのキッズにおすすめの付録なので「あり!◎」です。

我が家のプラモ好き高校生男子も興味深そうに見ていました。筆者が作った中途半端なパーツを、いつかきっと彼が立体化してくれることを願ってやみません。

表紙の写真にあるような見事な3Dアートが作れるようになったら、とても楽しいですね。

本誌には100均グッズと組み合わせてアクセサリーを作る、といった提案もされています。

技術を磨けば、驚くようなアート作品ができてしまいそう。可能性が広がるアイテムです!

購入した付録つき雑誌/小学8年生 2020年12・1月号

誌名 小学8年生 2020年12・1月号
出版社 小学館

2020年10月30日ごろ発売
価格1100円(税込)

小学館キッズより