雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】LEE(リー)2021年1月号≪特別付録≫L.L.Bean ふわもこボアトート 花カレンダー

 

L.L.Bean ふわもこボアトート 花カレンダーはどんな付録?

L.L.BeanLの名品ボート・アンド・トートを思わせるルックスと、ぬくもり感あふれるボア素材が見事にマッチしたトートバッグ。上品見えするカラーリングは、合わせやすさと高い差し色効果も魅力です。

本誌p.81より

縦24×横35×マチ11㎝

本誌表紙より

L.L.Bean ふわもこボアトート

冬の寒い日には、こんなトートバッグを持って出かければ、見た目も暖かです。

容量のほうは、このとおりたっぷりなので、使いやすそうです。

ふわもこボア素材はネイビー、持ち手はボルドーとブラウンの中間色です。

(写真は実物よりもすこし明るめです。)

毎年恒例の花カレンダー。写真には季節ごとのアレンジが掲載されています。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B5サイズがヨコに入ります。

500mℓペットボトルが6本入りました。

 

<実測サイズ>

縦23×横34×マチ10㎝

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

表面はふわもこボア素材。

ふわふわですが、よくよくさわって確認してみると、見た目ほど毛足は長くないようです。

アウターなどに使われるふわもこボア素材に比べると、ふわふわ感が足りないかな・・・と感じました。

持ち手はシャリシャリのポリエステル素材。厚さはそこそこですが、引っ張ったり力を加えたりしても伸びることなく使えました。

裏面は、ハリがあるシャカシャカしたポリエステル素材。

裏地にしては厚くて硬め。つまむとシャカシャカ音がします。

 

付録の品質はどう?

存在感のあるL.L.Beanのタグは織タグです。市販品と同じタグのようですが、ちょっとつけ方が雑のような・・・ミシンの縫い目が所々ゆがんでいるのが分かります。

本体のミシン目はおおまかにはそろっています。ただ、縫い終わりの処理部分の糸が少しはみ出ていたり、パイピング終わりが切りっぱなしだったりと、付録らしさを感じました。

 

付録を使ってみた感想は?

花カレンダーの中身は・・・

このように、季節あふれる花の写真が使ってあり、お部屋のインテリアに彩りを加えてくれそうです。

カレンダー欄は、予定などが書き込めるようになっています。

小さく花の名前やアレンジの解説が掲載されているので、自分で実際のお花を買ってきて、部屋に飾ってみても素敵ですね。

ふわもこボアトートは、ちょっとそこまでお散歩、などに使えるくらいの容量があり、お財布やステンレスボトル、スマホ、カギなど入れて持ってみたらちょうど良い感じでした。

本誌p.81にLEEを入れることができそうな写真があったので試してみたところ、LEEサイズは縦に入れることができました。本屋さんやコンビニで本を買ったときにもとりあえず入れておくことができそうです。

ただ気になるのが、ふわもこボアの毛玉が取れること・・・

この短時間で、ボアの毛玉がカバン付近にいくつか落ちていたので、使い続けるうちに、必ず服に毛玉が付く問題が発生しそうだなと感じました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ただし、この冬限定で・・・(L.L.Bean ふわもこボアトート

ふわもこボア、とてもかわいいのですが、見た目よりも、ふわもこが短いくせに毛玉が発生するのが少し気になりました。特に床置きする底の部分は使い続けるうちにテカテカになりそうな予感がします。(予感だけなので、何とも言えませんが。)

形とサイズ感はとてもいいので、季節アイテムとしてこの冬ガンガン使って使って、使いたおしてふわもこボアをあちこちにまき散らしてしまおうと思いました。

お花のカレンダーは、2021年お部屋に飾って、季節を楽しみ丁寧な暮らしをしてる気分に浸りたいと思います。

購入した付録つき雑誌/LEE(リー)2021年1月号

誌名 LEE(リー)2021年1月号

出版社 集英社

定価:880円(税込)

2020年12月7日(月)発売