雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】美ST(美スト) 2021年2月号≪特別付録≫ レカルカの”限界突破”美肌セット&V3ファンデーション ミニスポンジ付きセット

 

美ST(美スト) 2021年2月号はどんな付録?

レカルカの限界突破美肌セット

■ラクトペプローション

角質一掃ピーリングトナー。乳酸で毛穴汚れを溶かし、サリチル酸でマイルドに角質を除去、一皮剥けたようにつるんとした肌に。常在菌に働きかけ過剰な皮脂分泌を抑えるので、ニキビ箇所に5~10分のコットンパックも◎。洗顔後最初に使って。

CFセラムアドバンス

高濃度ビタミンCで発光肌。表面のシミに作用するピュアビタミンCと、奥のシミに届く脂溶性ビタミンC・APPSの2種を高濃度配合。さらに抗酸化成分MAAsがダブルビタミンの失活を制御。塗布後は5分置いてしっかり浸透させてから次のケアに。

 

V3ファンデーション 

天然微細針「イノスピキュール」に美容成分をコーティングしてファンデに配合。メークしている間中スキンケア効果が持続して肌再生を促進、ハリとツヤに満ちた引き締まった肌とフェイスラインに。

美ST ONLINEより

 

レカルカの限界突破美肌セット
■ラクトペプローション

天然由来の酸と数種類の植物エキスが、毛穴やニキビ、肌荒れを健やかに整えるピーリングローション。

毎日のマスクでお疲れの肌をいたわり、速やかにターンオーバーさあせてあげられるようです。

CFセラムアドバンス

肌の老化、酸化を徹底的に抑える抗酸化カクテル美容液。

お肌のシミに作用する成分、ピュアビタミンCと脂溶性ビタミンC・APPが高濃度配合、さらに抗酸化成分MAAsも大活躍、トリプル作用でアラフィフ肌への働きかけは期待大です。

■V3ファンデーション

約2回分使用できるファンデのパウチに本製品と同素材のミニサイズパフをセット。リアルな使用感が体験可能。

美ST ONLINEより

パウチは1個ですが、内容量は2回分。一回使い終わってから綺麗に保管しておくのがやや面倒ですが、使い心地をよりしっかり確かめられる点がいいと思います。

 

原産国は?成分は?

レカルカの限界突破美肌セット
■ラクトペプローション

<製造国> 日本 MADE IN J A P A N

<成分>

 

CFセラムアドバンス

<製造国>

<成分>

 

■V3ファンデーション

<製造国> 韓国 MADE IN K O R E A

<成分>

 

 

付録ではどれくらいの容量入り?

■ラクトペプローション

<容量> 5ミリリットル

<金額換算するといくら分>100㎖ (8,000円)のサンプル5mℓ、400円相当です。

CFセラムアドバンス

<容量> 1ミリリットル

<金額換算するといくら分> 30㎖(12,000円)のサンプル1mℓ、300円相当です。

■V3ファンデーション

<容量> 1グラム

<金額換算するといくら分> 15g (8,000円)のサンプル1g、533円相当です。

 

付録を試してみた感想は?

■ラクトペプローション

トロっとしたやや粘性のローション。無色透明、無臭でした。

顔全体にのばしてみると、なめらかにスルスルと広がってくれます。お肌の中にスーッと浸透していくのを感じました。

CFセラムアドバンス

こちらは、ローションに比べると少し黄色かかった透明。においはありません。

ローションにさらに輪をかけて粘性。ジェル状です。

顔全体にに広げると、ねっとりと滑らかに伸びていく感触です。オイルのようなべたつきではないのですが、少しべたつく感じ、肌を覆う感触がします。

このセラム、肌にしみていく感じがありませんが、10分ほど時間を置くと、べたつきがなくなり、お肌がツヤツヤもっちりになるのを感じました。まったく無自覚でしたが、お肌の中へのセラムの侵入は成功したようです。

■V3ファンデーション

付属のスポンジに少しのせてからお肌に塗っていきます。このスポンジはとてもなめらかです。

手の甲にのせてみました。なめらかに伸び、つるつるした仕上がりです。

手の甲にあった細かなシミも隠してくれました。

次に顔全体につけてみました。

パウチ半分の量を使ってみると、量はかなり少ないのですが、するすると伸びるのに驚きました。スポンジのおかげもあるかもしれませんが、本当に薄くするっと広がって、仕上がりがつややかなのにびっくりです。

ほんのりお花の香りが広がるのが、幸せな気持ちになりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

レカルカの限界突破美肌セットは、夜と朝と2回お試しで使ってみましたが、乾燥知らずで、お肌がツヤツヤ明るくなったような気がして、とてもよかったです。

そして、V3ファンデーション、こちらはかなりおすすめです!

少しの量で薄くひろがり、つやつや輝くお肌を体験できました。

年齢とともにお肌のかさつきが気になるということは認識していたのですが、それよりもっと要注意だったのが、実は年齢とともに徐々につやがなくなっていくということを、筆者は今まであまり気がつかず、無自覚に生きてきたのでした・・・

今回このファンデーションを使ってみて、実はツヤこそが年齢肌に大切だった!ということに改めて気が付きました。すこし遅すぎた感が否めません。

このV3ファンデーションを使い続けて、これからもツヤツヤ肌を演出したい!と、今真剣に思っているところです。

 

購入した付録つき雑誌/美ST(美スト) 2021年2月号

誌名 美ST(美スト) 2021年2月号

出版社 光文社

価格 900円

発売日 2020年12月17日発売