雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2021年5月号増刊号《特別付録》アルプスの少女ハイジ ヨーゼフポーチ

otona MUSE(オトナミューズ)2021年5月号増刊号(2021年3月27日(土)発売予定)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

宝島CHANNEL、セブン‐イレブン、セブンネットショッピング限定※一部の店舗では取り扱いがない場合があります

アルプスの少女ハイジ ヨーゼフポーチはどんな付録?

「アルプスの少女ハイジ」のキャラクター、ヨーゼフのポーチが付録に登場!
シッポがファスナーの引き手になっています♡
手の平からちょっとはみ出るサイズです。

宝島CHANNELより

サイズ(約):全長22cm

宝島CHANNELより

くたっとしたフォルムがかわいすぎる、アルプスの少女ハイジ ヨーゼフのぬいぐるみポーチ。

ふかふかした手触りと、思わず話しかけてしまいたくなる、つぶらな瞳がキュートすぎます‼

 

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> ポリエステル

 

サイズはどれくらい?

ヨーゼフの高さは500mℓペットボトルの約半分。座っていて立ち上がっていない状態です。

全長は、下の写真のように500mℓペットボトルと同じくらいの長さです。

シッポを引っ張ると背中のファスナーが開きます。ポーチの中には、ツナ缶が一つだけ入りました。

<実測サイズ>   22×10×10cm

 

付録を使ってみた感想は?

とにかくかわいすぎるヨーゼフ。

実は筆者はリアルタイムで放映していたハイジはほとんど記憶になく、ハイジと言えば、最近はあの家庭教師のCMに流れてくる、ブラックなおじいさんとハイジの印象がほとんどで、傍らにひっそりとたたずんでいるあのワンちゃんが、ヨーゼフという名前なのだということを、今回初めて知りました。

といってもヨーゼフ、パッと思い出せないほどの影のうすさ。本物のヨーゼフのキャラがいまいちつかめず・・・。この付録ヨーゼフがどの程度本物に寄せて作られているかが、全くといっていいほど見当がつきません。

でも、この瞳を見てください!

思わず話しかけたくなります。もう、本物に似ているか似ていないかなんて、まったく問題になりません!

おなか部分。

ヨーゼフの全身は、主に起毛のぬいぐるみなどに使われる、ふかふかの素材で作られています。やわらかくてなでるとさらさらとした手ざわり。光沢感もあります。

耳の裏は、起毛ではなく、短起毛の素材です。目と鼻はプラスチックのボタンがしっかりとついています。

首周りにはぐるりとふさふさが施されています。芸が細かいです。口は、刺繍糸のようです。

シッポを持ち上げて背中のファスナーを開けます。

開けると中はこんな感じです。シャリシャリのしっかりとしたジャージー素材です。

ファスナーは最後までしっかりと閉じる造りになっています。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

これは、文句なく「あり!◎」

ふにゃっとした手ざわりは、ヨーゼフのちょっと情けない顔とともに、思わず手に取ってしまいたくなります。

一度手に取ってしまったら最後、ヨーゼフ沼(?)に陥ってしまうほどの中毒性あり。デスクのわきに置いておくと、ヨーゼフのいじらしい視線が気になり、仕事が手につきません。

離れたところに置いておいても、ヨーゼフが寂しく孤独に耐えているかと思うと、気が気ではなくなってしまいます・・・。

昨年販売された、アルプスの少女ハイジ ユキちゃんポーチ をお持ちの方は要チェック!ユキちゃんと共に、こちらのヨーゼフもぜひ、可愛がってあげてくださいね。

 

購入した付録つき雑誌/otona MUSE(オトナミューズ)2021年5月号増刊号

誌名 otona MUSE(オトナミューズ)2021年5月号増刊号
出版社 宝島社

発売日:2021年3月27日
価格:本体1,527円+税

宝島CHANNELより

予約ができる公式サイト宝島CHANNEL、セブン‐イレブン、セブンネットショッピング限定 ※一部店舗ではお取り扱いのない場合もございます宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの5月号も同時発売です。 詳しい予告・レビューはこちら>>