雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】Oggi(オッジ)2021年5月号《特別付録》Theory(セオリー)×Oggi サステナブルエコバッグ

 

Theory(セオリー)×Oggi サステナブルエコバッグはどんな付録?

”Theory”との2年ぶりのコラボ付録は、再生PET素材を使用し、環境にも配慮したエコバッグ。「ちょっと大きめ」サイズがスタイリッシュで、使い勝手もパーフェクト!な自信作です♥

(本誌p.56より)

タテ71㎝(持ち手含む)×ヨコ38㎝

たたむと14㎝×14㎝

(本誌p.56より)

モカベージュ色に、白いロゴと、いたってシンプルなデザイン。

うしろはロゴは無しでした。

本誌p.58には、手で持った写真が掲載。

ちょっぴり大きめのサイズ感(本誌p.58)

とありますが、写真を見ると確かに、身長が高いはずのモデルさんが、手に持ってみて、底面が床すれすれなので、大きめサイズなのだと思います。

肩にかけた写真は、本誌p.60より抜粋。

エコバッグにはみえないおしゃれな雰囲気です。

このほかにも、別冊付録がついていました。全52ページで、結構読みごたえがあります。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B4サイズを入れてみましたが、まだまだ余裕が感じられました。

2ℓペットボトルは4本入りました。

たたんでコンパクトサイズにした状態は、A6カードケースと同じくらいです。

 

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

ツヤツヤの光沢のある、薄手のリップストップ生地です。

手でつかむとシャリっとしています。

 

付録の品質はどう?

全体的に綺麗に縫製されていますが、一部クシャッと縫い目が乱れている部分がありました。

特に、カーブ部分が乱れがちです。

持ち手部分は、返し縫いがやや雑な仕上がりです。また、パイピングの端部分は熱処理がされていませんでした。

 

付録を使ってみた感想は?

本誌にも、ちょっと大きめサイズとの記載がありましたが、確かに手で持ってみると大きいなあと思いました。

特に持ち手が長いです。身長160㎝の筆者が手に持ってみると、バッグの底部分が、本当に床につきそうになるほどです。もう少し身長が低い人や、腕が長い人だったら、床についてしまうと思います。ちなみに筆者は、悲しいことに腕が短めなので、筆者と同じ身長の人でも、腕が長い人がこのバッグを持つと、底部分が床についてしまうかもしれません。

肩掛けの方がスッキリと使えます。肩掛けにして使うことをお勧めします。

また、中に物を入れた時の透けぐあいは、下の写真を参考にしてください。

しっかりとDomaniの文字が見えてしまいました。

小さく折りたたむと、ポケッタブルに持ち運びしやすいとあるので、折りたたんでみることに。

生地がややすべりやすく、少しまとめにくいなあと感じました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

縫製や素材は付録の域を出ないクオリティーと言えますが、デザインがオシャレで気に入りました!

他にないようなニュアンスカラーに、シンプルなロゴのみ、とても大人っぽくて上品です。

いろいろ工夫を凝らしたエコバッグは巷に溢れていて、それらは時に役に立つこともありますが、ともすればオーバースペックになりがちです。むしろこのくらいシンプルなものの方が、使いやすかったりするのではないかな、と思います。

このバッグは、サイズが大きいので、使う場所を選びそうですが、主婦が普段のスーパーへ買い物へ行く際には、間違いなく役に立つような気がしました。

本誌の写真のように、オシャレに使いこなせないのが、やや残念です。

 

購入した付録つき雑誌/Oggi(オッジ)2021年5月号

誌名 Oggi(オッジ)2021年5月号

出版社 小学館

特別定価:990円(税込)

発売日:2021年3月27日(土)