雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】 ViVi(ヴィヴィ)特別版 2021年6月号≪特別付録≫ENHYPEN(エンハイプン)スペシャルピンナップ

ENHYPEN(エンハイプン)スペシャルピンナップはどんな付録?

SNSの総フォロワー数は1600万人超え! 新時代のK-POPアーティストとしてグローバルに注目を集めるENHYPENが、満を持してVIVIに登場!

超大型プロジェクト『I-LAND」 で証明してきた圧倒的なスキルや華やかなビジュアルは、2020年11月にデビューしてからの短期間で、さらにブラッシュアップされている。

そして、グループ名のHYPEN「-」 に込められた“繋がり”は、徐々に世界へ広がりを見せ、底知れぬ可能性を秘めた7人の魅力が、今、打ち上がる!

(本誌p.31より)

K-POPの新星、ENHYPEN(エンハイプン)のピンナップが付録です!

日本初上陸とのことで、今後の活躍が期待されます。

本誌とじ込みで、裏表のピンナップです。

 

原産国は?素材は?

表記無しですが、紙製です。

おそらく日本製、MADE IN JAPAN。

 

 

サイズはどれくらい?

本誌の約2倍の大きさでした。

B4サイズと比べたらひとまわり大きいです。

<実測サイズ> 42×29.6㎝

 

 

付録を使ってみた感想は?

本誌のp.41にとじ込みされていました。紙質は、特集記事の本誌ページの紙と同じ厚みの上質紙。つるつるしすぎず、マットな光沢です。

ENHYPEN(エンハイプン)特集記事の一番終わりのページ、特集の最終クライマックスの位置にピンナップはありました。

とじ込みのピンナップには、切り取り線もなく、もちろんミシン目もありません。

これは、カッターが必須のようです。

カッターを取ってきて、慎重に切り取りますが、

切り取ったはずの上部分が切られていません。

ギュッと無理にひっぱったため、何ということでしょう!あろうことかシワがついてしまいました。

そして、このありさま・・・。シワばかりか、一部破れてしまい、残念なことになってしまいました。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

筆者の力量不足で、ピンナップはやや残念な有様になってしまいました。皆さまはくれぐれも気をつけて切り取ってください・・・

ピンナップだけだったら、「なし!✖」にしてしまったかもしれません。

今回は、筆者が全くの不勉強で、彼らについて何も知らなかったのですが、本誌p.31-42の豪華12ページにわたって、ENHYPEN(エンハイプン)の魅力を余すことなく掲載しています。これは、ファン必見!ファンでなくても(←コレ、筆者のこと)興味深く読んでしまいました。

特集ページは、紙質も他のページと異なり、やや厚めでつるつるの上質紙を使用。これは、ファンだったら永久保存版にしたくなるような豪華さ。

日本上陸前の貴重な記事をもっていることで、ひょっとしたら、将来周りからうらやましがられてしまうかもしれませんね。

ピンナップだけでなく、ENHYPEN(エンハイプン)特集を総合的にまとめて、「あり!◎」としたいと思います。

 

購入した付録つき雑誌/ViVi(ヴィヴィ) 特別版2021年6月号

誌名 ViVi(ヴィヴィ) 特別版2021年6月号

出版社 講談社

価格 690円

発売日 2021年4月23日(金)