雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】with(ウィズ)2021年6月号《特別付録》B:MING by BEAMS(ビーミング バイ ビームス)サステナマスクポーチセット

B:MING by BEAMS(ビーミング バイ ビームス)サステナマスクポーチセットはどんな付録?

小物の仕分けからマスクの洗濯まで出来ちゃう、ハイブリッドなマスクポーチが完成!

環境に優しいオーガニックコットン使用、ニュアンスカラー、ちょうどいいサイズ感 …と、 細部までこだわりました。

ニューノーマル時代のマスク生活を、快適&おしゃれに盛り上げましょう!

(本誌p.22より)

マスクポーチ H13cm×W20cm

ランドリーメッシュボポーチ H11×W17cm

(本誌表紙より)

初夏らしい爽やかなミントグリーンのマスクポーチ。

文字ロゴは白、爽やかで涼し気です。

裏面にはB:MING by BEAMSのロゴ。

メッシュのランドリーポーチは、写真ではわかりづらいですが、色は白。白のメッシュとファスナーです。

どちらのポーチもマチはありません。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

マスクポーチは、B6サイズがギリギリ入らないくらいの大きさ。

ランドリーポーチはA6サイズが入る大きさです。

 

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> オーガニックコットン ポリエステル 亜鉛合金 PP

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

マスクポーチは、やわらかなキャンパス地。オーガニックコットンということで、肌当たりが柔らかです。

織目はやや太く、ざっくりした感触です。

ランドリーポーチは硬めのメッシュで作られています。

引っ張る力への強度を検証。

メッシュ素材は、斜めに引っ張る力には強かったものの、縦方向はやや伸びてしまい、横に引っ張るに至っては、かなりの変形をきたしてしまいました。

横方向へは、引っ張らないほうがいいようです。

 

付録の品質はどう?

ポーチの縫製はまっすぐできれいです。

ただ、端の処理はされておらず、切りっぱなしで、一部生地の端から糸がほつれてきている部分がありました。

また、写真のように裏地などはなく、一枚布で作られています。

仕切りポケットも布一枚でできています。なんとなく、付録クオリティーといった印象です。

ランドリーポーチも、端部分はこのとおり。

メッシュも切りっぱなしで、雑な印象です。

そして、ロゴタグは、プリントではなく、織タグのようなのですが、糸が飛び出ている部分があったりして、こちらも雑な印象。

 

付録を使ってみた感想は?

オーガニックコットンは、環境にやさしくエコなイメージなのですが、実際に使ってみると、くたくたっと頼りなく感じたり、ハリが無かったりと、使う場所を選ぶものだったりします。

こればっかりは好みの問題なのでしょうが、筆者は適材適所、実はポーチに関しては意外とポリエステルや混紡生地が好みだったりします。もっと言えば、つるつるのビニール素材も、使いやすくて水もはじくので好きです。

つるっとしていないと、カバンの中で引っかかったり、出しにくかったりします。

写真のように、使い捨てマスクを入れる時も、マスクとオーガニックコットンとの摩擦が激しく、出し入れしづらいと感じました。ましてや仕切りの布も、必要あるのかな?とさえ、感じてしまいました。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

やはり全体的につくりの甘さが目についてしまいました。ポーチの形もなんとなく歪んでいるような印象。くたっとした素材なので、仕方ないのかもしれませんが。

ただ、付録には珍しく、素材にこだわってオーガニックコットンを使っている点は、なかなかの心意気と感じました。意識高いです。

これはマスクケースとしてではなく、リップやステーショナリーなどの、硬くてつるつるしたものを入れて使う方が良いのではないかな、と感じました。

 

購入した付録つき雑誌/with(ウィズ)2021年6月号

誌名 with(ウィズ)2021年6月号

出版社 講談社

発売日:2021年4月28日(水)

価格:790円